防水加工で水に濡れてしまっても大丈夫!

水をよく使う職場でもiPhoneを気軽に利用したい

時計の場合、水中深く潜るダイバー専用のものがあり、そういったタイプのものは防水処理がなされています。では、iPhoneはどうかというと、そもそも水中で使うことを想定されていないため、水に落としたら内部が濡れてショートし、壊れてしまう可能性があります。
海などによく遊びに行く人や、水をよく使う場所で働いている人の中には、そういったところでiPhoneを取り出して使うのは不安なので、防水加工ができないかと考える人がいるかもしれません。では、iPhoneに防水加工することが可能なのかというと、実は可能です。修理業者の中には防水加工を請け負っている業者が存在し、そういったところに端末を送れば処理して返してくれます。

中の基盤に防水処理を行うことで水没による故障率を下げる

では、業者はiPhoneの防水処理を具体的にどのように行うのでしょうか。iPhoneをプラスチックフィルムのようなもので外側から完全に覆ってしまうのではないかと考える人がいるかもしれませんが、そういった方法はあまり採られません。それだと、iPhoneの見た目が悪くなってしまいますし、滑りやすくなるからです。
では、どうするのかというと、外側を覆うのではなく、中の基盤に対してだけ防水処理を行うのです。そうすることでiPhoneの見た目はそのままにできて、なおかつ、基盤が濡れてショートすることを防ぐことができます。
ただ、ダイバー用の時計のように、水の浸入を完全にシャットアウトするというものではないので、水に落とせばiPhoneの中は濡れます。防水処理にも限界がありますので、あくまでも水没による故障率を下げられるかもしれない処理、ぐらいに考えておいた方がいいでしょう。

iPhoneの画面割れのトラブルは、家庭内での対処が難しく、部品の交換が必要となることがあるため、いち早く購入先に相談を持ち掛けることが大事です。