ドボンさせてしまっても安心!水没復旧

水没による故障はスマートフォンならでは

iPhoneの壊れ方のパターンはそれほどたくさんあるわけではなく、ある程度、限られています。たとえば、基盤故障、液晶割れ、ガラスの破損などがそうです。こうした壊れ方はほかの電化製品でもよくあるものですが、スマートフォンならではの壊れ方もあります。それが水没による故障です。
家の中で使うテレビなどの家電が水に浸かるということはまずあり得ません。しかし、スマートフォンの場合は小さくて外に持ち出すことができて、利用する場所があまり問われないので、たとえばトイレで使っていたら便器に落とした、歩きながら使っていたら水たまりに落としたっていうことが起こりえます。
では、iPhoneなどのスマートフォンが水に浸かって故障した場合、修理することは可能なのでしょうか。

ショートさせなければ被害を最小限にできるかも

まず、スマートフォンを落として地面に激突し、そのはずみで水たまりに落ちてしまったなどのケースを除き、単なる水没であればパーツが物理的に破損することはほとんどありません。メモリ部分が破損しなければデータを取り出せる可能性が高まります。また、落としたあとの対応がよければ、単純に乾かしただけで、そのまま使えるようになることもあり得ます。なので、それほど深刻に捉えることはないでしょう。
水没させてしまったとき、故障を拡大させないためには、とにかく電源を切ることです。そして、速やかに修理に出しましょう。水に浸かった状態で電気を流すとショートする危険性が高くなり、ショートするといろいろなパーツに問題が生じる可能性が出てきます。

iPhoneのバッテリーの減りが早くて困った経験があるのではないでしょうか。保証サービスに加入している方であれば、条件を満たせば無料で交換することが可能です。