割ってしまった...そんな場合はガラス交換修理

割れたままでの使用はおすすめしません

大切に使っているスマートフォンでも、つい落としてしまうことは少なくありません。毎日持ち歩く物だからこそ、落下のリスクは避けがたく、場合によっては液晶のガラスが割れてしまう場合もあります。画面に少々のヒビが入っても機能する場合がありますが、そのまま使い続けるのはおすすめできません。指を傷つけてしまう可能性がありますし、ヒビから雨などが内部に侵入して故障する可能性があるからです。スマートフォンの液晶にヒビが入ってしまったら、ひとまず修理業者に持ち込んでください。業者により対応が異なりますが、ガラスパネルの交換に対応している修理業者は少なくありません。業者への持ち込みが遅れて本格的に故障すると、大切なデータを失うおそれもあります。

画面割れのリスクを減らすためには?

ガラスが割れたスマートフォンを修理業者に持ち込むと、機種に合うパーツの在庫があればすぐに修理を始めてくれるのが通例です。ほかの修理依頼がなければ、比較的短時間でガラスの交換が完了します。通常、ガラス交換ではスマートフォンの操作は行われませんが、可能であれば念のためにバックアップを取ってから修理業者へ持ち込むとよいでしょう。ガラス交換が完了すると安心すると思いますが、また落としてガラスを割ってしまうリスクを減らすにはどうしたらよいのでしょうか。本体にカバーを装着するのは基本的な対策です。また、画面に保護フィルムを貼る方法もあります。これらの対策をしても、ある程度の高さから落とすと割れてしまうので、丁寧な取り扱いが最高の対策です。

iPhoneが水没した場合には、ディスプレイだけでなく内部の部品にダメージが加わることがあるため、いち早く修理業者に対応をお願いすることが大切です。