大切なデータを守りたい...データ取出し

電源が入らなくなったiPhoneからデータを取り出せるか

iPhoneを肌身離さず携帯していて、なにかあればすぐにiPhoneで写真を撮ったり、動画を撮ったりするという使い方をしている場合、定期的にバックアップを取っておくべきです。しかし、バックアップの取り方がよくわからない、あるいは面倒だという理由で、なにもせずに使い続けている人は少なくないでしょう。
もし、それでiPhoneを落としてしまい、起動しなくなった場合はどうすればいいのでしょうか。まず、勘違いしている人もいるかもしれませんが、iPhone側の電源が入らない場合、パソコンからiPhoneにケーブルをつないでも、パソコンはiPhoneを認識することはありません。そのため、電源が入らなくなったiPhoneからデータを取り出すのは、一般人にはほぼ不可能です。

修理業者に送ればデータを取り出してもらえる可能性がある

壊れたのがiPhoneではなく、ノートパソコンやほかのスマートフォンであれば、中からハードディスクを取り出したり、メモリカードを取り出して別の媒体につなぐことでデータの吸い出しが可能になることもありますが、iPhoneの場合、それも不可能です。というのは、iPhoneのデータ保存は基板についているフラッシュメモリで行われるからです。
では、iPhoneが壊れて電源が入らなくなったら、中のデータは諦めないといけないのかというと、そんなことはありません。修理業者に送れば、取り出してもらえる可能性はあります。業者は壊れた基盤からフラッシュメモリを取り外し、別の基盤に取りつけてデータを吸い出したり、あるいは基盤ごと取り出して、電気を流し、フラッシュメモリ内にアクセスするという技術を持っているからです。

iphone6sの修理は前モデルより重くなっていて落下による衝撃も大きく、ガラス・液晶が一体型パーツなので個別に交換が出来ません。純正同様の高品質なパーツを使用したプロに修理を依頼しましょう。